がんセンターにおける看護師の役割とは?

看護師の転職を応援!

がんセンターで仕事をする看護師の実態

日本人の死因30パーセントを占めている<がん>は1981(昭和56)年以来、死因のトップの座に君臨しています。 近頃は早期発見・早期治療を施せば完治できる病気になってきています。

しかし日本人の二人に一人は一生のうち1回は、がんに罹患するデータがあります。 その罹患率は男性が54%、女性が41%となっています。 がんを専門的に診察して研究を実施している医療施設が<がんセンター>です。 ここでは、がんセンターとそこで仕事をする看護師の勤務実態をご紹介いたしましょう。

がんセンターは「国立施設」「国立病院機構」「公立または県立の施設」があり日本全国に16箇所あります。 その地域のがん治療の中核を担っており、地域にお住まいの人たちや医療施設に情報を発信しています。 「がん」という疾病に特化した医療施設で、がんに関しては世界トップクラスの「研究」「治療」「技術開発」「治験」を実施しています。

最新の医療機器が揃い、がん専門医の育成も行っているので総合的にみて最高ランクの品質の高い最先端医療を提供しています。 同時に<がん看護>は、がん切除手術や放射線医療や化学療法、疼痛の緩和やターミナルケアなど、いろいろな局面で専門性の高い看護が要求されます。

患者様のみならず、ご家族のメンタルケアも看護師に期待されている大切な仕事です。 がん看護に興味がある看護師は、是非ともがんセンターで仕事をすることを目標にしてください。 医療のみならず看護分野においても質の高い看護を提供しているからです。

がん看護の専門看護師・「がん化学療法看護」「乳がん看護」「がん性疼痛緩和」「緩和ケア」などの認定看護師が大勢仕事をしています。 がん看護のスペシャリストの看護師と一緒の職場で仕事をすることは自分のキャリアアップやスキルアップに大いに役立つ経験になります。

以上、がんセンターとそこで仕事をする看護師の勤務実態をご紹介いたしました。 がんセンターは専門看護師や認定看護師の資格取得など「がん看護のキャリアアップを支援してくれるところが多い」のも特徴です。

「がん看護をもっと勉強したい」「より良いがん看護を提供できるようになりたい」……そんな気持ちになった時、キャリアアップを支援してくれるのは、とてもありがたいことです。 それだけがんセンターも質の高いがん看護を求めているのです。

↑ PAGE TOP