文章を書くのが好きな方は医療系ライターがおすすめ!

看護師の転職を応援!

看護師の経験を活用し医療系ライターになる

病院やクリニックなど医療現場だけでなく広範囲に看護師の転職先は拡大しています。生涯現役で活躍したい元気な高齢者もすごく多いです。結婚や出産によって女性のキャリアが中断されてしまうのは、ずっと以前から大きな問題となっており、未だに回答がでていません。

ここでは、看護師の経験を活用して医療系ライターになる可能性を考えてみましょう。

現場を離れ長いブランクがあって育児もしているような状態なら
「病院勤務は難しい」と感じるでしょう。
そのような環境にあるならば、「病院にこだわらない」という道も
あるのではないでしょうか。たとえば「医療系のライターになる」ことです。

インターネット社会では、だれでも簡単に文章を作成し公開できる
ブログやホームページが持てます。

家事の合間に比較的短時間で就労時間に拘束されない
――自分で自由にスケジュール管理が可能な仕事が「執筆」の分野です。

医療系といっても看護師としての体験談を後輩に伝えるような執筆は
できると思います。患者様との豊富なコミュニケーションで身につけた
緩和ケアに関連するカウンセリングやコラムのライティングはどうでしょう。

カウンセリングは特別な資格が要らないですから「自称カウンセラー」も
多いです。「看護師である」というだけでライティングの説得力はとても
信頼感があります。

情報が氾濫して収集がつかなくなっている中で、確かな職歴と知識は
大きな財産になり読者を魅了するでしょう。

病気や体の不調があるときに医師に相談しようか迷っている時、
背中を押してくれる人がいると頼もしいです。
病院に行くのが良いのか、自宅でケアできるのかの情報を提供することが
できます。こういったことは医療現場を経験した人しか書けない記事ですね。

今の時代、医療現場にいるだけが看護師の仕事先ではないです。
個人事業主やSOHO、副業などをイメージしてもらうと良いでしょう。
自宅が勤務先になるのですから、最高に便利です。

以上、看護師の経験を活用して医療系ライターになる可能性を考えて
みました。条件があえば看護師の資格を生かしてライティングしてくれる
人材を求めている企業は多くあります。

転職サイトでも「これが看護師の資格でできる仕事?」と驚くべきアイデアが
満載です。自分のスタイルにぴったりの看護師の仕事を見つけてはどうでしょう。

↑ PAGE TOP