どのくらい勤務したら転職を考える?

看護師の転職を応援!

看護師の平均勤続年数とキャリアアップ

一昔の看護師と今の看護師のスタイルで変わっているのがナースキャップです。
現在はナースキャップが廃止されているので髪型をナースキャップで
隠したりできません。中には髪型に気を配るお洒落な看護師もいます。

髪型が自由なところもありますが、身だしなみの観点から厳しく
管理しているケースもあります。

看護師のイメージがありますから清潔感は第一に考えなければなりません。
汚らしい看護師よりも綺麗な看護師の方が患者も喜びます
――なにしろ白衣の天使ですから……。

そんなお洒落も考えている看護師の平均勤続年数は約7年と言われており、
一般の業種の約9年よりも2年短くなっています。
看護師の転職は一般の職種よりも多いようです。

看護師の勤務が過酷であったりキャリアアップのために転職を決意する
看護師も少数派ではないのです。

一般の職業ならば「転職はあまり良いものと見てもらえない」ケースが多いですね。
しかし、看護師の場合はあまりそういた視点で転職を捉えていません。

「新しい診療科目にチャレンジしてみたい」「これまで経験していないこと
を勉強したい」と、モチベーションが高く自己啓発に積極的な人たちが多い
業界なのです。

同時に給与や労働条件、待遇の良い職場を求めるし、自分の経験を正当に
評価してくれる職場を求めます。

自信がある看護師はどんどんキャリアアップするし、さらに良い条件・
好待遇の職場で看護師の仕事ができるようになります。

看護師を受け入れる医療機関も意識の高い看護師を望んでいるし、
長く勤務をしてもらえるように好条件・好待遇の職場を目指している
病院も増えてきてます。

以上、看護師の平均勤続年数とキャリアアップについてお話をしました。

看護師の転職は一般の職業の人たちのように決してネガティブなイメージ
ではなく、新しい挑戦なのです。「新しいことを学びたい」「好条件・
好待遇の病院で勤務したい」と思うならば、転職を検討してはどうでしょう。
興味があるならば、看護師専門の転職サイトで一度調べてみるのも良いですね。

↑ PAGE TOP